SLOW PHARMACY
슬로우파마씨

ソウル/韓国

スローフォーマシーの美しさ、それは一つ一つの植物が個性を持っているということ。

植物を日常生活の中心に置くこと。

かなり古典的に聞こえるかもしれないが、スローファーマシーのデザイナーはモダンに、ミニマルに、そして詩的なコンセプトに辿り着いた。

それは、植物をボトルに入れるということ。

スローファーマシーの植物は、ソウルで厳選され丁寧に手作業でボトルに入れられる。

ボトルに詰められた詩

スローファーマシーの見事なハーバリウムで一年を通じて家に緑を。

スローファーマシーのハーバリウムは韓国製で、1年間美しい植物の状態をキープすることが出来る。

落ち着つきと平和を暮らしに与えるというこのコレクションの視点は、

2人の創設者のイ・グレウムとジョン・ウソンの屋内ガーデニングへの共通の情熱にインスパイアされている。

瓶に詰められた自然。

瓶のサイズは200MLと30ML、いつも目にする花束に代わる魅力的なハーバリウムだ。

イとジョンにとって、植物はすべての人の生活の中心となり、 思考・物事に対する姿勢、人間関係に影響を与える可能性があると考えている。

たとえば、テレビに取って代わり、
仕事の後の時間をどのように過ごすか、
仕事にどのように取り組むか、
そして誰に会うかといったことにも変化があるとリーは言う。

スローファーマシー創設者の話

デザイナーへのインタビュー

「たとえば、家で過ごす時間や、家の空気の質が季節を通じてどのように変化するでしょうか。」

Slow Pharmacyの創設者は、いくつものの植物が茂る店舗を訪れる人々に知識と情熱を共有することを惜しまない。
ここの雰囲気は、豊かな緑と繊細な紅葉の温室のような雰囲気を持つだけでなく、気さくな会話が交わされる、謂わば近所の薬局のような存在だ。

単なる商売ではなく、一度訪ればそのストーリーを味わって100%パーソナライズされたサービスでに満たされることだろう。

ソウルのストアで。

서초구
사평대로 57길 39-1
서울

スローファーマシーの「処方箋」は、花屋を営む母親のもと育った創設者リーの子供時代の賜物だ。